ブーログ › 岡崎市田町の学習塾『個別指導塾アプローチ』城北中学校・連尺小学校区

2018年04月06日 16:25  カテゴリ:当塾からのお知らせ

入学おめでとう!!!


ほとんどの小中学校の入学式が行われました。

新入学の皆さん、入学おめでとうございます。

学校に早く慣れて、楽しい生活を送ってください。

中学生になった皆さん。これから勉強・部活に一生懸命励んで、

一人でも多くの友達を作ってください。

部活動は今までと違い、時間が短くなったり、朝練がなくなるところも

あるようです。

でもその部活を通じて出会う友達も大事にしてください。

もしかしたら一生の友達になるかも。。。。

勉強は、9科目という大変多い授業になります。

加えて、定期テスト、課題テストなど、常にテストが行われます。

置いてかれないように、毎日の課題だけはしっかりやりましょう。

提出物は、絶対に出しましょう。

これだけです。

楽しい学校生活を送ってください。


  

Posted by みなさまを裏から支える 近藤です。 │コメント(0)

2018年03月19日 12:05  カテゴリ:受験関連ニュース

公立高校合格発表


本日、公立高校の合格発表が行われています。

ドキドキですね。

第1志望。第2志望。。。。

結果はどうあれ、みんなに道は開かれています。

合格された方は、浮かれることなく

”夢””希望”に向かって進んでいってください。

そうでない方は、落ち込んでいる暇はありません。

次が大事です。

”悔しさ”や”反省”もあるかと思いますが、

それよりも大事なのは、『この先』です。

きっと神様が、”この道”をあなたに与えた

のだと思います。

そこには大変重要な意味があります。

前へ!前へ!  

Posted by みなさまを裏から支える 近藤です。 │コメント(0)

2018年03月09日 13:50  カテゴリ:受験関連ニュース

公立高校入試開始!!



昨日、3月8日(木)、9日(金)の2日間で、

公立高校Bグループの入試が行われています。

昨日は、学力試験。本日は、面接です。

がんばってください。

特にBグループが第1志望の方。

来週、12日(月)、13日(火)で、Aグループの入試が行われます。

連日になりますが、体調に気をつけて、がんばってください。

試験前日は無理せず、しっかり寝てくださいね。


  

Posted by みなさまを裏から支える 近藤です。 │コメント(0)

2018年03月06日 14:46  カテゴリ:当塾からのお知らせ

新入学&新学年 募集!!



本日、公立中学校の卒業式です。

ご卒業された皆さん。おめでとうございます。




3年間、学業に部活に、またはそれ以外に様々なことに

取り組んできた中学生活ではなかったかな、と思います。

うれしかったこと。悲しかったこと。怒れること。

いろいろあったと思います。そんな思い出を胸に

新しい門出を祝いましょう。

と言いたいところですが、すぐに公立高校の受験です。

明後日には、Bグループ。来週はAグループ。があります。

気を引き締めて、頑張ってください。



ところで個別指導塾アプローチでは、

新入学&新学年の生徒募集をします。

いろいろ悩まれていることだと思います。

その際に当塾で体験授業を行いませんか?

決定されるのは、そのあとでも、、、、

2週間です。最大10回。無料です。

是非、一度ご連絡ください。

TEL (05654)64-0355

メール approch@eagle.ocn.ne.jp

お待ちしています。  

Posted by みなさまを裏から支える 近藤です。 │コメント(0)

2018年02月27日 15:45  カテゴリ:当塾からのお知らせ

入塾決定!!



新たに3月から入塾される方が決まりました。

先日、入塾を決められた中1の男の子の妹さんです。

現在、小学5年生。

2週間、2日間の体験授業の予定だったのですが、

1週目は普通に。2週目にインフルエンザにかかってしまい、

体験授業をお休みになりました。

しかし1回のみの授業でしたが、

「楽しい」「通塾したい」と言っていただき、

入塾が決定しました。

特に”英語”の勉強がしたい。ということです。

3月からスタートします。

よろしくお願いします。

これから塾をお探しの皆さん、

是非、体験授業にお越しください。

TEL  (0564)64-0355

メール approch@eagle.ocn.ne.jp


  

Posted by みなさまを裏から支える 近藤です。 │コメント(0)

2018年02月27日 12:04  カテゴリ:受験関連ニュース

公立高校志願者数



2月24日(土)の中日新聞朝刊で

愛知県公立高校の一般入試・推薦入試の志願者数が発表されました。

募集人員43,774人に対し、志願者は46,511人で

第二志望を含めた志願者総数は、82,791人。

全体倍率は1.89倍だそうです。

この地域の状況をお知らせします。

◎Aグループ

 学校名 学科   募集  第一 推薦  第二  総数  倍率

 岡崎  普通   400  577  87   22  599  1.50
 岡崎西 普通   400  336  70   489  825  2.06
 岩津  生活     80   69   31   163  238  1.98
     調理国際   40   41   21    7    48   1.20
 岡崎商 総合など  320  280   143   153  433   1.35
 碧南工 機械     80   59   35   152  211  2.64
     電子工学   80   67   31   112  179  2.24
     建築    40   45   13   22   67  1.68
     環境工学  40   41   16   19   60  1.50
 刈谷  普通   400  674   102   30  704  1.76
 安城  普通   240  266   59   491   757  3.15
     生活文化  80   84   52   29  113  1.41
 安城農 農業園芸  80   86   33   51  137  1.71
     フラワー   40   40   17   22   62   1.41
     食品化学  40   36   15   46   82   1.41
     動物化学  80  100   43   35  135  1.69
     森林環境  40   44   11   28   72   1.41
 西尾東 普通   320  255   54   360  615  1.92

◎Bグループ

 学校名 学科   募集  第一  推薦  第二 総数  倍率

 豊田西 普通   360  463   69   215  678  1.88
 豊田  普通   320  231   57   477  708  2.21
 豊野  普通   320  286   71   298  584  1.83
 松平  普通   120  106   23    78  184  1.53
     ライフ   40   53   19   28   81  2.03
 猿投農 農業    80   78   24   28  106  1.33
     林産工芸  40   41    9   13   54  1.35
     環境    40   40   10   17   57  1.43
     生活科学  40   34   16   21   55  1.38
 三好  普通   160  190   33   127  317  1.98
     スポーツ 120  133   85    31  164  1.37
 岡崎北 普通   400  472   67    304  776  1.94
 岡崎東 総合   240  239   143   196  435  1.81
 岡崎工 機械    80   81   32    46  127  1.59
     機械デザ  40   44   20    20   64  1.60
     電気情報  80   84   31    39  123  1.54
     土木    40   40   16    22   62  1.55
     化学工業  40   44   13    27   71  1.78
 幸田  普通   240  214   47   254  468  1.95
 碧南  普通   240  228   51   181  409  1.70
     総合ビジ  80   96   58   74  170  2.13
 刈谷北 普通   400  450   136    334  784  1.96
 刈谷工 機械自動 160  203   91   116   319  1.99
     電気   120  119   50   100   219  1.83
 安城東 普通   360  434   64   134  568  1.58
 安城南 普通   320  255   54   426  681  2.13
 西尾  普通   360  427   89   186  613  1.70
 鶴城丘 総合   240  250   113    89  339  1.41

などとなっています。詳しくは新聞等をご覧ください。

入試は Bグループが 3月 8日(木)、 9日(金)
    Aグループが 3月12日(月)、13日(火)    に行われます。
 
受験生の皆さん。あと10日です。

がんばれ~~~~~!!!


  

Posted by みなさまを裏から支える 近藤です。 │コメント(0)

2018年02月13日 11:44  カテゴリ:受験関連ニュース

私立高校合格発表


2月9日(金)~13日(火)にかけて

愛知県の私立高校の2018年度入試の合格発表がされています。

単願の方、併願の方。

皆さん合格してるといいですね。

そして公立高校の願書の提出日が22日(木)または23日(金)に

迫ってきています。

今回の私立高校の合否を見て、公立高校を決めていかなければ

なりません。

ちなみに公立高校の受験日は

全日制一般入試(推薦選抜も同日)

Bグループ:学力検査---3月8日(木)
      面接  ---3月9日(金)

Aグループ:学力検査---3月12日(月)
      面接  ---3月13日(火)

合格発表 : 3月19日(月)

となっています。

公立高校を目指している皆さん、

あと1ヶ月です。

がんばれーーーーーー!!!
  

Posted by みなさまを裏から支える 近藤です。 │コメント(0)

2018年02月09日 11:12  カテゴリ:当塾からのお知らせ

入塾決定!!ありがとうございます。


この度、新規入塾が決定しました。

現在中学1年生の男の子。

1月29日から2週間。7回14時間の体験授業を行い、

昨日、めでたく3月1日からの入塾が決定しました。

現在、他塾に通っているのですが、

どうしても成績が上がらない。

とのご相談を受け、2週間の体験授業をしていただきました。

授業の中で、数学は初めのうちは、「ん?そこそこできる。」

と思っていたのですが、そのうち、じっと考えることが多くなりました。

「じゃあ、小学校5年生のここをやってみよう。」とやってみると、

「で、できる。計算も速い。」なのに、中学部分になるとさっぱり。

もう一度、5年生と6年生の関連部分をじっくりお教えしました。

すると中学部分も徐々にできるようになってきました。

やはり「分かる」であって、『解かる』ではなかったようです。

続いて、英語です。

いきなり単語のスペルが、、、、

早速、単語ノートを作成しました。

とにかく書いて覚える。です。

すぐに次の難関が、、、

名詞で、「頭文字が大文字と小文字をどう使い分けていいのか

わからない。」と言ったと思えば、

appleのまえに”a”。pineappleの前に”an”があるではないか?

「どのときに”a”で、どのときが”an”かわからない。」と言ってきました。

「人の名前、国名は、頭文字が、、、、」

「次の単語の頭文字が、母音の時は、、、」

あれから2週間。7日14時間の体験後、

「楽しい。」「よくわかる。」と言っていただき、

入塾が決定しました!!

目標は、「内申オール3!」いやいや『内申30!!!』

「公立高校」いやいや

『公立高校を選ばせてあげたい!!!』です。

昨日の面談には、5年生の妹さんも同席して、

「今まで英語塾に行っていたのですが、ここで勉強したい。」

と言っていただきました。

「いやいや、とりあえず体験しましょう。」

約1時間、授業体験しました。

「来週から体験授業しましょう。」

いろいろお忙しいようですので、

2回×1時間30分の体験授業を行います。

塾選びでお困りの皆さん。

是非、個別指導塾アプローチで体験授業してみませんか?

TEL  (0564)64-0355

メール approch@eagle.ocn.ne.jp  

Posted by みなさまを裏から支える 近藤です。 │コメント(0)

2018年02月07日 10:16  カテゴリ:受験関連ニュース

私立高校志願者状況


本日の中日新聞朝刊で、2018年度私立高校の入試志願状況が発表されました。

本日より私立高校の一般入試が行われています。

この地域の状況をお知らせしたいと思います。

 学校名   学科   性別 募集人員 志願者数 倍率

 愛産大三河 普通   男女  153    347  2.3
       電気   男   190    527  2.8
       情報処理 男女  120    318  2.7
 安城学園  普通   男女  444    1900  4.3
       商業   男女    80    297  3.7
 岡崎学園  普通   男女  297    907  3.1
 岡崎城西  普通   男女  544    2842  5.2
 杜若    普通   男女  284    1618  5.7
 豊田大谷  普通   男女  266    797  3.0
 光が丘   普通   女   235    757  3.2
       国際教養 女   116    277  2.4
 星城    普通   男女  611    5549  9.1

 などとなっています。詳しくは新聞等をご覧ください。

 県内の平均倍率は、4.5倍となっています。
 上記で目を引くのは、星城   5549人 9.1倍
          岡崎城西 2842人 5.2倍
 それ以外では、  名城大付属 7088人 14.6倍
          大成   1995人 16.5倍

 入試は今日から3日間行われます。

 受験生の皆さん。頑張って下さい。

  

Posted by みなさまを裏から支える 近藤です。 │コメント(0)

2018年01月31日 11:00  カテゴリ:当塾からのお知らせ

わかる は どれ?



わかったつもり”ではなく、

「説明できることが、分かったこと」

とても共感できます。

”説明できる”=「分かる」

ここでいう「分かる」は、

もやもやしていることがはっきりした。という意味です。

でも「分かった」では、たぶん”説明”できません。

「分かった」ではなく、『解かった』のではないかと思います。

「解かった」は、理解できた。と解釈すると、

「説明できますか?」よりも『教えてあげられますか?』

になってくると思います。

学生の頃、問題がわからなく、自分よりも優秀な友人に

「教えて」と頼んだところ、聞いても全然わからなかったことがあります。

そのあと、一番成績のいい子に教わったところ、

めちゃめちゃわかりやすかったことを思い出しました。

きっとこれが「分かる」と『解かる』の違いなんだろうなあ。。。



以前のドラマで、「アクティブラーニング」がありました。

生徒同士で、「わかる子が、わからない子に教えてあげる」

というものです。

この場合の”わかる”は、間違いなく『解かる』です。

『解かる』=”教えてあげられる”だと思います。

塾で、こんなことができたら、先生は楽だろうなあ。。。

いや、塾、要らないか。。。。

子供達には『解かる』にしてあげたいです。
  

Posted by みなさまを裏から支える 近藤です。 │コメント(0)

2018年01月24日 12:20  カテゴリ:当塾からのお知らせ

教えたいけど教えられない


子供が勉強や宿題でわからない。

「教えてあげたいけど、教えられない。」

そう思っている親御さんはたくさんいると思います。

その原因は様々で、

①自分が教わったのとやり方が違う

②どう教えたらいいかわからない

③私もわからない

などがあります。

一番びっくりしたのは、①やり方が違う。です。

私の子供が小学校低学年の時、「算数のたし算を教えて」

というので、”さん友”を開いて問題を見て、

「教科書と違う教え方ではいけない」と思い、

教科書を見たとき、

『なんだこれ?????』

自分が教わった40年前と違う!!!!

もしかしてその時の記憶がないのか???

ま、40年も前のこと覚えてないか、、、、、

と思い、教科書をはじめから読み返して教えたことが

ありました。でもやっぱり違うのです。

時代とともにやり方が変わっています。

ここで間違っても、自分の記憶で、自分のやり方で、

教えてはだめです。


小学生。特に低学年の子供は、

「学校で教えてもらったやり方が全てで、それ以外は聞いてくれません」

確実に教科書のやり方を教えてください。

②どう教えたらいいかわからない

これは良く陥るパターンです。

大人にとっては当たり前”に思っていることが、

実は、子供にとっての階段の1段目、2段目を飛び越して、

すでに”3段目”だったりします。


例えば、数字の10

数え方を教えるとき、あめ玉やおはじきなどで、

1、2、3、、、、、10

と教えます。

その時、10個目の”あめ玉は1個しかありません。”

しかし数字にすると「1」と「0」の組み合わせで

2つの数字になるのです。

『あめ玉は1個なのに、数字は2個』

なぜ?

普通に考えると”当たり前”が『当たり前ではない』のです。

当たり前を教えることは大変難しいのです。

③私もわからない

これが一番多いのでは?

得意な科目。得意な事柄。これは教えられます。

でも、そうでもないことは、教えられません。

お子さんは同じDNAを持っています。

子供がわからないことは、私もわからない。

ましてや小学校、中学校の頃の記憶が、、、、



お困りの親御さん、是非アプローチへ  

Posted by みなさまを裏から支える 近藤です。 │コメント(0)

2018年01月19日 11:52  カテゴリ:当塾からのお知らせ

塾の宿題



遊んでいますか?

睡眠時間は充分ですか?


子供たちは忙しい。

放課後、部活を一生懸命行います。

走り回ったり、先輩への気遣いなどで、疲れ切って帰ってきます。

夕食をとり、塾へ行き、帰ってきて、学校の宿題をやり、

さらに塾の宿題もします。

学校の宿題より、塾の宿題の方が多い。

という声も聞きます。

学校の宿題は1時間くらいで終わるのに、

塾の宿題は2時間かかる。

面倒くさいため、答えを丸写し、という子もいるらしい。

何のための塾?」「何のための宿題?

まるで「塾のために学校へ行っている」感じです。

塾は、あくまで「学校の補助」であるべき。

・授業でわからなかったから、塾で教えてもらう。

・授業とは違うテクニックを教えてもらいに塾に行く。

・予習をするために塾へ行く。

・もう一度確認(復習)のために塾に行く。

というのが本来の塾のあり方では?

アプローチでは、その日に完結。

できなければ次の時に。

そのため宿題は一切ありません。

土、日。祝日は、基本的にお休みです。

(テスト週間。受験前は別ですが、、、)

遊ぶときは遊ぶ。

寝るときは寝る。

休みは休み。です。

  

Posted by みなさまを裏から支える 近藤です。 │コメント(0)

2018年01月17日 11:10  カテゴリ:当塾からのお知らせ

開校1周年!!入塾料0円!!


2月1日に「個別指導塾アプローチ」は開校1周年を迎えます。

みなさまのご支援ありがとうございます。

つきましては感謝の意を込めて、

2月末までに入塾される方は、

入塾料0円!!

また

2月末までに無料体験された方は、

入塾料 半額!

というキャンペーンを行います。

お問い合わせは、

TEL  0564-64-0355

メール approch@eagle.ocn.ne.jp

まで。

お待ちしております。
  

Posted by みなさまを裏から支える 近藤です。 │コメント(0)

2018年01月05日 10:35  カテゴリ:生徒向けの情報

成績を上げる方法は一つ。基礎をやること。

成績が上がらない。

塾に通っているのに。

問題集を一生懸命やっているのに。

と思っている人は少なくないと思います。

なぜか?

答えは簡単です。

「基礎」ができていないのです。

塾や問題集では、”応用問題”を解いて、

問題に慣れる。

数をこなして、”こんな問題解いたことがある”

と思わせる。

いわゆる「テクニックを身につける」ことをやっています。

しかし”見たこともない問題”が出た時には通用しません。

テクニックを身につける前に

『基礎をしっかりやりましょう』

基礎がしっかりしていれば、どんな問題にも応用できます。

これは勉強だけでなく、スポーツの世界でも同じです。

特に”プロ”と呼ばれる方は、華麗なプレーをします。

これは『基礎がしっかりしているからできる』のです。

テクニックのみでプレーしていると”選手生命が短い”

”伸びない”などで、引退していく選手が多いのです。

今日の中日新聞に「中部9県の大学アンケート」が載っていました。

この中で”学力不足の学生増加”と答えた大学が29.1%とありました。

私立大学では12校。国公立大学も9.7%が答えています。

これはAO入試(内申、面接、小論文のみで受験)の増加や

指定校推薦が増えたため。と言われています。

”有名大学を出ても会社では役に立たない”

よく聞く言葉です。

「受験のための勉強をして、基礎ができていない」からです。

学校の授業や塾では、この「受験のための授業」を重点に置いているため、

基礎を疎かにし、テクニックに走る傾向にあります。

実は「離れはするけど、応用は聞かない」というのが結果です。

とにかく「基礎をしっかりやりましょう」

すぐには結果は出ないかもしれませんが、

あとから必ず結果がついてきます。

個別指導塾アプローチでは『基礎重点』で指導を行っています。

基礎がしっかり理解できたら”応用問題”

鉄則です。
  

Posted by みなさまを裏から支える 近藤です。 │コメント(0)

2018年01月04日 10:59  カテゴリ:当塾からのお知らせ

新学年準備。新規受講生募集!!

あけましておめでとうございます。

もう3学期が始まりますね。

今年中学に入学される方、

不安と期待に胸が膨らんでいることでしょう。

この3学期の間に今までの総復習をしましょう。

苦手なところを抱えたまま、中学に行くのはとっても不安です。

残りの3ヶ月で克服しましょう。

ということで新学年に向けての新規受講生を募集します。

新たに中学に入学する方。

新3年生、2年生になる方。

一緒に頑張りましょう。

1月中に無料体験された方は、入塾金半額!!

①新中学1年生(現小学校6年生) 10,000円 5,000円
②新中学2年生(現中学1年生)  20,000円10,000円
③新中学3年生(現中学2年生)  20,000円10,000円
④小学生(現1年生~5年生)   10,000円 5,000円

塾をお探しの方、一度ご連絡ください。
  

Posted by みなさまを裏から支える 近藤です。 │コメント(0)

2017年12月29日 14:23  カテゴリ:当塾からのお知らせ

アプローチは背中を押す場所です。

「嫌い」から『好きじゃない』に変えるには、

基礎がわかればいい。

「基礎がわかるようになりたい」と思うには、

どうしたらいいでしょうか?

1番は”学校の授業が楽しい”と思えればいいのですが、、

よく「あの先生の授業は面白い」

「この先生の授業はつまらん」という声を聞きます。

きっと『わかりやすい=面白い』ではないでしょうか?

”面白くないから勉強しない” につながっていきます。

ならば楽しく勉強ができれば、

やる気になるのではないでしょうか?


アプローチでは、アニメーション動画を使い、

”誰でもわかるような教材”で学習します。

だんだん「基礎がわかる」ようになってきます。

そうすれば「嫌い」から『好きじゃない』に変っていきます。

そのうち”授業が楽しい”と思えるようになってきます。

「嫌い」と思っているお子さんの

”やる気”の背中を押してあげる。

個別指導塾アプローチは、そんな場所です。  

Posted by みなさまを裏から支える 近藤です。 │コメント(0)

2017年12月27日 17:38  カテゴリ:受験関連ニュース

進路希望調査(第2回)

12月22日の中日新聞で、来春2018年度の県立高校の進路希望状況調査
第2回が出ていましたので、岡崎市の高校を紹介します。
学校名、学科名 第1希望 第2希望 希望合計 倍率の順です。
≪Aグループ≫
 岡崎   普 通 665  24 689 1.42
 岡崎西  普 通 396 597 993 2.35
 岩津   普 通 121 209 330 2.55
      生 活  58 23  81 1.33
      調 理  68 20  88 1.18
 岡崎商  全学科 322 248 570 1.31
≪Bグループ≫
 岡崎北  普 通 530 391 921 1.86
 岡崎東  総 合 302 286 588 1.91
 岡崎工  機械  138 82 220 1.43
      デザイン  50 29  79 1.73
      電気   90 45 135 1.56  
      土木   45 29  74 1.63
      化学   24  7 31 1.68
 幸田   普 通 228 268 496 1.80

となっていて、県内の全日制では昨年より募集人員が
少なくなっているところがあるため、第2希望が増えているところがあります。

詳しくは、新聞等をご覧ください。

いよいよ受験シーズンもラストスパートに近づいてきました。
冬休みに何をするか?が重要です。
頑張りましょう。  

Posted by みなさまを裏から支える 近藤です。 │コメント(0)

2017年12月21日 16:13  カテゴリ:当塾からのお知らせ

基礎がわかれば「嫌いじゃなくなる」

”勉強が嫌い”というお子さんの大半は、

「基礎が理解できていない」ことが原因だと思います。

小学校2年生で習う、『九九』

これが言えない子は、「算数・数学が嫌い」と言います。

ほとんどの場合、九九を覚え直せば、

算数は「嫌い」じゃなくなります。

中学生になると

一次方程式、二次方程式、三角関数などでつまづいていきます。

小学校でやった、”かけ算・わり算”(特に筆算)が理解できていない子が

多いです。

三角関数では、図形の面積、角度などです。

これも小学校5,6年でやっています。

この基本的なところを”おざなり”にしてしまうと、

中学に入ってから、「数学が嫌い」となってしまいます。

では中学生に「小学5年生の勉強しよう」と言っても

プライドが許しません。

で、基礎があやふやなまま、授業で”応用問題”を

やろうとします。

できない。

嫌い

となってしまいます。

ここは、プライドを捨てて「基礎から学習」しましょう。

2,3カ月で、『好きじゃない』に変っていきます。


  

Posted by みなさまを裏から支える 近藤です。 │コメント(0)

2017年12月20日 13:46  カテゴリ:当塾からのお知らせ

「嫌い」を『好きじゃない』に変える

こんにちは。

「嫌い」なことは「やれない」

誰もが思うことです。

だったら「嫌い」じゃ、なくせばいいのです。

では、なぜ「嫌い」なのか?

例えば、”ピーマン嫌い”であれば、

ピーマンは苦いから。。。

ならばピーマンから苦みを取り除く、または抑える。

ほかの味でごまかす。

などいろいろ考えて料理をすると思います。

では、”勉強嫌い”は?

簡単です。解らないから「嫌い」なのです。

どうやって解るようにするのか?

たぶん「嫌い」は今に始まったことではなく、

初めて解らなくなった時から「嫌い」だと思います。

その解らなくなった時を探し出せれば、対処は簡単です。

”好き”とまでは言いませんが、

せめて『好きじゃない』にしてあげれれば、勉強もできるはずです。

一度ご相談を


  

Posted by みなさまを裏から支える 近藤です。 │コメント(0)

2017年12月19日 17:48  カテゴリ:当塾からのお知らせ

「やればできる子」という言葉に”違和感”

よく、うちの子は「やればできる子」という言葉を耳にします。

どの子もみんな「やればできる子」です!!

これは言い訳でしかなく、

ただ単に、『やれない』のです。

『やれない』から”できない”のです。


大人になると、「もっと勉強しとけば」と思うことが多々あります。

しかし「やらなかった」ことが、その方の能力で、

やった方は、できているのです。


では、なぜ「やれる」のか?

よく、「勉強嫌いです」と言いながら、いい大学に行っている人がいます。

この人は、勉強が嫌いではなく、”好きではない”のです。



誰しも、嫌いなことはできません。

お子さんも「嫌い」ではなく、

「好きではない」にしてあげれば、”できる”ようになります。


  

Posted by みなさまを裏から支える 近藤です。 │コメント(0)